国内外の事象を多角的に報道する。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<希求されてきた防衛網の構築>
記事1

写真:訓練に望む勇敢な人民軍兵士の様子
国民の安全と平和の内に生存する権利を守る"ローゼンクロイツ国家防衛人民軍"の大規模軍拡が開始された模様。同軍は国内に於いても「新聞より信頼できる」との声が数多く寄せられている。今回の大規模軍拡に反対の旗を掲げるのは一部の平和呆けした売国奴のみで、政府の支持率に影響する可能性は現段階では伺えない。「軍拡は当然だ」という意見が圧倒的多数で更なる防衛網の構築を国民は希求している。




<諸国間の異文化理解への道は原理主義者により妨げられる>
記事1-1

写真:アレイスター諸島同盟の姿勢を糾弾するデモ団体の様子
世界水産資源保全会議に於けるアレイスター諸島同盟代表団とシェイフィナリア列島全権の発言を巡って国内は同二カ国に対する罵声で騒がしい。問題の発言は"ナルヴェの使徒"で、「国際諸国の代表者が一斉に集合する会議場に於いて宗教的価値観を説明する奴等は頭のネジが外れてる」との厳しい声が挙がっており、大使館前にてデモまで展開された。ローゼンクロイツ特命全権大使は問題の発言に対して"非捕鯨原理主義である"と反論しており、政府は世界水産資源保全会議の終了後に「今後も彼等が例の様な言葉を口に出したら我々は"パロンシュレイヒ宗教"を邪教と看做す姿勢でいる」との声明を出した。


スポンサーサイト

| HOME |



このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/01/31 20:39】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Rosenkreuz Broadcasting Corporation, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。